やまぐち眼科(旭川市)です。白内障・緑内障・糖尿病網膜症・ドライアイ・仮性近視・コンタクトレンズ・充血・涙目 など 眼科疾患全般を診察いたします。

ミドリンM

  「 ドライアイ 」 は現代病の一つです

現代の生活環境はドライアイを生じやすいとされています

  • エアコン や 暖房設備 の整った環境にいる方
  • 読書 を好む方
  • 寝不足 が多い方
  • パソコン作業時間 の長い方
  • 携帯メール を良く使う方
  • コンタクトレンズ を装用している方

   ドライアイは現代病の一つとされ、全国で約800万人の方が悩まれております


ドライアイは 「目の粘膜の肌荒れ」 の様な状態です

疲れ目 や ヒリヒリ感等、 多くの不快な症状が生じます

目の表面に傷がつき、 感染症 や 炎症 の原因になります

コンタクトレンズが張り付き、 角膜上皮 がはがれる事もあります

放置すると、まばたきだけで 角膜に傷が付く ことがあります

当院では ドライアイの専門の検査 が出来ます

ドライアイは 眼科専門医 による検査と治療が必要です

山口祐司院長 日本眼科学会眼科専門医 認定番号14358

最新治療 「キープティア」 は手術中の痛みがほとんどありません

キープティアは コラーゲン を涙点に注入する処置です

効果は2~3か月程度続きます (個人差があります)

山口祐司院長 日本眼科手術学会 認定番号5136


市販薬の一部には 充血を慢性化させる ものもあります

疲れ目だから、と簡単な自己判断で市販薬を使い続けるのは止めましょう

ドライアイには 別の病気 が隠れていることがあります

不快な症状が少しでもある方は、 眼科専門医 に相談しましょう

山口祐司院長 ドライアイ研究会 №677-0680-523

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional